Interview, Shops

古着屋ボンボン / 寄付されたお洋服の古着屋さん

今回は、長野県飯田市にある古着屋ボンボンさんをご紹介します!

💐お店情報
☎︎ 070-2679-5921
〒395-0004
長野県飯田市上郷黒田379-4
桜咲造伊那上郷駅から徒歩5分

定休日→火・水・木
⏳12:00〜18:00
※変則的な場合があるため、SNSのご確認をお願いします。

🅿︎有

価格帯 ¥500~3000

SNS&Web 
Instagram: @iida_furugi_bombom
Twitter: @furugiya_bombom 
Facebook: 古着屋ボンボン 
HP: なし

*1号店 TRIANGLE 
Instagram: @triangle.furugiya 
Twitter: @hurugi_TRIANGLE 
Facebook: TRIANGLE 
HP: https://triangle-nagano.myshopify.com/)

💐取扱品: 古着など

💐特徴: 海外・国内の市場で買い付けを行う他多くの古着屋さんとは異なり、取り扱う洋服は全て寄付によるものです。

古着屋ボンボンさんは、長野市にある古着屋、TRIANGLEさんの2号店。長野県立大学の現役大学生3人で始められたそうです!
共同代表のお1人である、松前桃子さんにお話を伺ってきました。

Q1. お店を開こうと思ったきっかけを教えてください。
A. 大学受験です。長野県立大学に入ろうと高校入学時から決めていましたが、全然勉強をせず、何もしない期間がありました。変わらなきゃいけない、何かに挑戦したいと感じていたところ、起業を思いつきました。

Q2. 従来の古着屋さんと異なり、寄付で成り立つシステムを作った理由はなんですか。
A. 古着が好きで、友達と普通の古着屋さんをしようと思っていたのですが、「The True Cost」という映画を見て、ファストファッションの与える影響を知り衝撃を受けました。せっかくやるのだったら、ファストファッション以外の選択肢になれるような古着屋さんをしたいと思い、このような形にしました。きっかけはそうですが、実際のところ、「社会問題へ貢献する」という目的よりも、寄付してくれる方とのコミュニケーションなど、この仕組みに楽しさを感じているので続けているという部分が大きいです。映画は衝撃的なものですが、その世界観が全てではないと思っています。

Q3. お店のこだわりはありますか。
A. 普通の古着屋さんは、服から前の持ち主について知ることはあまりできません。でも私たちは、前の持ち主さんとコミュニケーションを取った上で販売しているので、そのお話の中で服にまつわるストーリーをお聞きすることができます。「アメリカの留学中に買ったもの」「記念日に仕立てたもの」など。素敵なストーリーを持つ服の場合は、タグの後ろに書いたりもしています。

Q4. 高校生へ何かメッセージをお願いします。
A. 来てほしいです!!笑 お値段もリーズナブルで、一点もののいい服が揃っています。ぜひお越しください。

💐背景
ファストファッションという「大量に作って安く売る」仕組みは割と最近にできたものだそうです。環境・社会への影響はどんなものがあるでしょうか。詳しく知りたい方は下記をチェックしてみてください。


Websites
「大量の水の使用、そして85%はゴミに…ファッション業界は環境へ大きな影響を与えている」___BUSSINESS INSIDER 2019/10/22
人間の活動で排出される二酸化炭素の10%はファッション産業によるもので、こちらは海運と国際線航空便を合わせたものより大きいそう。また、全体の85%の洋服が埋立処分されるとのこと。
https://www.businessinsider.jp/post-200862

「ラナ・プラザ崩壊事故とは・意味」___IDEAS FOR GOOD
ラナ・プラザ崩壊事故は、ファッション史上最悪と言われる事故のこと。ずさんな安全管理のため、ファッションブランドの縫製工場で働いていた多くの若い女性たちが亡くなりました。
https://ideasforgood.jp/glossary/rana-plaza-collapse/

YouTube
「本当の値段は?【ファストファッションの闇】|映画で社会問題シリーズvol.3『The True Cost』」_______Miyu*Tokyo Vegan Girl 2020/5/10
https://www.youtube.com/watch?v=zkIWc0Xj_VU
桃子さんも見た映画『The True Cost』についてや、ファッション産業が抱える様々な問題についてのことが紹介されています。